一般社団法人 海外と文化を交流する会
 
トップページ
活動内容
会の概要
WEB版会報
お問い合わせ

 

『海外と文化を交流する会』

一般社団法人「海外と文化を交流する会」は、外務省認可の公益法人として、1968年に故松岡朝女史によって設立されました。
 海外と文化を交流する会設立当時の日本は経済復興・経済優先の道を進んでいました。世界の若者たちは生きる価値観を見つけることができず、世界中で学園紛争の嵐が吹き荒れていました。
 その中で海外と文化を交流する会は、物質文化の向上よりはむしろ 「心の文化」 の大切さを見直し、世界の人たちと海外文化交流の輪を拡げる目的を持って設立されました。

日豪交流年記念「現代日本画展」

2006年11月20日〜12月8日 日豪交流年30周年記念として「現代日本画展」をオーストラリアにて開催されました。


寄贈された日本画25点の詳細はこちら→リーフレット


 

海外と文化を交流する会にご賛同いただけれる方を募集

 

 
お知らせ

■2016年1月29日掲載

 当会は、 各国との文化交流を促進すべく活動しております。

 その一環として、1977年にオーストラリアに寄贈した日本画のケアや日本画を中心とした更なるアクションを進めるべく、当会のメンバー3名が2月上旬にメルボルンを訪問予定です。

 現地でオーストラリアと日本の次世代(子ども達)の文化交流の為、関係者各位とのミーティングをおこない、現地からFacebookでその状況もお知らせいたします。 是非、ご一読いただき“いいね”をよろしくお願いします!


 
Copyright(C) 一般社団法人海外と文化を交流する会